クロシェトレースシルクウェディングドレス

 

ちょっと前まで寒かったけど、最近は寒さが落ち着いた感があります。今日は縫製の作業を一日中してました。今はビスチェタイプの定番のドレスを縫っています。ビスチェタイプのドレスは肩紐も袖もついてないので、ズレ落ちないようにドレスをバスト部分でしっかりと固定してあげないといけません。その為トップス部分である程度細工をします。その細工をお客様に合わせてその都度考えてしています。オーダーメイドの強みはその辺にあるのかなと思います。お客様、一人ひとりにサイズがピッタリあったドレスはやっぱり美しいです。

 

クロシェットレースのシルクのドレスが出来上がりました。綺麗なドレスです。

とりあえずバックの写真。

 



TOKYO SALON

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

PROFILE

profilephoto
 
1990年文化服装学院卒業。 その後2年間、舞台衣装(バレエ・オペラ)デザイナーのアシスタントとして勤める。 渡仏し、パリに3年間滞在中、デザイナーのアシスタントとしてパリコレクションに参加。帰国後、企業デザイナーを勤めた後、1997年に独立。オリジナルブランドを発表。現在、オーガニックコットンを中心とした既製服の制作とウェディングドレスの制作を大阪拠点に活動。
 
お問合せ

others