HOSHI ET NOoRA 刺繍とドレス展 リポート


HOSHI ET NOoRA 刺繍とドレス展について

一番最初のウェディングドレスを制作してから15年が経ちます。最初は知り合いのウェディングドレスを制作していましたが、気がつけば今までに制作したドレスは500着近くになりました。
その間、こういった個展は一度もしたことなく、只、ひたすらドレスを制作していました。
ドレスにも4年前くらいから刺繍やモチーフが加わりバリエーションが増え、私たちのお仕事をお披露目出来る機会があればと思い今回の個展を開催することに致しました。
 今回、展示しているドレスはとてつもなく時間がかかっている作品です。今の時代、過剰というまでに大量に洋服が出来てしまうことに疑問を感じながら、一着に愛情を込めながら丁寧に制作致しました。お花のチュールオーバードレスはオーガニックコットンを草木染めで染めるところから始めて、一つ一つ手作りのお花や葉っぱです。個数にすると700個以上のお花や葉っぱがついています。




アートフラワーのオーバースカート。とても綺麗です。




アートフラワーのサンプル、選んで付けて頂いてます。








 


TOKYO SALON

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

categories

archives

search this site.

PROFILE

profilephoto
 
1990年文化服装学院卒業。 その後2年間、舞台衣装(バレエ・オペラ)デザイナーのアシスタントとして勤める。 渡仏し、パリに3年間滞在中、デザイナーのアシスタントとしてパリコレクションに参加。帰国後、企業デザイナーを勤めた後、1997年に独立。オリジナルブランドを発表。現在、オーガニックコットンを中心とした既製服の制作とウェディングドレスの制作を大阪拠点に活動。
 
お問合せ

others